ホーム > 未来の学習空間に向けて

未来の学習空間に向けて ~ICTを活用した授業指導~

future


はじめに

スマートフォンやタブレットPC 等の情報端末が普及し、私たちの日常生活が変化する中、学習空間も大きく変わろうとしています。
「教育の情報化ビジョン」では「2020 年には1 人1 台の情報端末による教育」が目指されており、学校現場への情報端末導入の流れが生まれており、既に先進的な自治体では、児童生徒が1 人1 台の情報端末を利用する取り組みを初めているところもあります。 このような取組によって、これからの授業や学習環境はどのように変化していくのでしょうか?

内田洋行では総務省「フューチャースクール推進事業」、文部科学省「学びのイノベーション」のガイドライン策定や、産学連携による共同実証実験等を進めながらこれからの学校教育に必要なICT機器の課題抽出を行ってまいりました。 本稿ではICT機器に関する基本的な情報について掲載する他、岡山大学教師教育開発センター(理数系教員養成事業部門)様の監修の元、ICT機器・コンテンツを活用した授業方法等について数回にわたり掲載していく予定です。